ご家庭も職場も、掃除で豊かな快適環境づくり

掃除大賞2018趣旨

掃除大賞2018は、個人、事業者、団体等の掃除の活動を一般から広く公募し、優れた取り組みを表彰することにより、日本の産業の発展と生活文化の発展を目指すために開催されます。

 

日本そうじ協会は「掃除を通し、良い環境・良い習慣をつくり、より良い社会をつくること」を目的としてつくられました。

 

全国の現場での実践を通じ、

 

掃除は個人(組織)の習慣を表している。

掃除は個人(組織)の信念を表している。

掃除は個人(組織)の規律を表している。

掃除は個人(組織)の基準の高さを表している。

掃除は個人(組織)の実行力を表している。

掃除は個人(組織)の計画力を表している。

掃除は個人(組織)の継続力を表している。

掃除は個人(組織)の地域貢献力、社会貢献力を表している。

 

等ということを感じてきました。

研究、実践を進めていくと、掃除には


「精神的効果」
「肉体的効果」
「経済的効果」
「時間的効果」
「対人的効果」


という5大効果があることが判明しました。

 

掃除をすれば、良い効果が多数生まれ、掃除を疎かにすれば、悪い効果が多数生まれます。

 

掃除大賞2018は、個人、事業者、団体等の掃除の活動を一般から広く公募し、優れた取り組みを表彰することにより、日本の産業の発展と生活文化の発展を目指すために開催されます。 

 

この掃除大賞が、「掃除と良い習慣づくり」に取り組む全国の教育現場や会社組織の発展に寄与できるようになることを願っています。

 

各賞一覧

・文部科学大臣賞

・経済産業大臣賞

・リーダーシップ賞

・イノベーション賞

・改善賞

・新人賞

審査基準

「精神的効果」「肉体的効果」「経済的効果」「時間的効果」「対人的効果」などの掃除道の持つ5大効果とともに、「信念」「基準の高さ」「継続力」「地域貢献度」「仕組み」「利他心」「掃除大賞の趣旨の理解」等を考慮して、各賞を決定致します。

審査員紹介(アイウエオ順)

岡田万里(日本経営合理化協会)

柿内幸夫(慶応大学大学院経営学研究家特別招聘教授 改善コンサルタント)

片岡朋行(弁護士)

中田孝成(NPO法人全日本コンテスト協議会理事長)

藤井裕幸(サンドビック株式会社 元社長)

募集要項

応募条件:日本そうじ協会、掃除道、掃除大賞の理念・趣旨に対して理解があること。

     代表者とのインタビューができること。

     エントリーフィー30000円(当日入場券)を振り込むこと。

     企業の場合、過去3年間の業績推移を提出すること。

     提出された実践活動や写真等について公開することが可能であること。

     他薦の場合、他薦の理由が明確であり、当該者の理解を得ていること。

     書類選考通過後、現地調査とインタビューには10万円と交通費実費がかかること。

スケジュール

エントリーシート受付: 2017年11月15日〜11月30日

 書類1次選考    :  2017年11月15日〜1月10日

 現地調査     : 2018年12月1日〜1月31日(書類選考通過したエントリー対象)

 2次選考             : 2018年1月13日

3次選考会(プレゼンテーション):2017年1月14日

  掃除大賞    :2017年2月16日

           日本橋公会堂

               中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号 日本橋区民センター内