ご家庭も職場も、掃除で豊かな快適環境づくり

趣旨

掃除大賞2015は、個人、事業者、団体等の掃除の活動を一般から広く公募し、優れた取り組みを表彰することにより、日本の産業の発展と生活文化の発展を目指すために開催されます。


日本そうじ協会は「掃除の技術を高めることと、良い習慣づくりをすることを目的」としてつくられました。どの教育現場でも「しっかりと掃除して環境整備がされているところは、良い風土である」ということを感じてきました。子供であっても企業であっても、掃除をし、良い環境が行き届いた場は、そこにいる人の感情が安定し、成績・業績が伸びるのです。全国の実践者たちの取り組みから


掃除は個人(組織)の習慣を表している。

掃除は個人(組織)の規律を表している。

掃除は個人(組織)の基準の高さを表している。

掃除は個人(組織)の継続力を表している。

掃除は個人(組織)の地域貢献力、社会貢献力を表している。


ということを感じてきました。

研究、実践を進めていくと、掃除には


「精神的効果」
「肉体的効果」
「経済的効果」
「時間的効果」
「対人的効果」


という5大効果があることが判明しました。掃除をすれば、良い効果がたくさん生まれ、掃除を疎かにすれば、悪い効果がたくさん生まれます。


この掃除大賞が、「掃除と良い習慣づくり」に取り組む全国の教育現場や会社組織の発展に寄与できるようになることを願っています。


各賞一覧

・掃除大賞

・文部科学大臣賞

・環境大臣賞  

・経済産業大臣賞

・農林水産大臣賞

・厚生労働大臣賞

・KAIZEN賞

・優秀賞

・奨励賞

・街そうじ賞


 

審査基準

「精神的効果」「肉体的効果」「経済的効果」「時間的効果」「対人的効果」などの掃除道の持つ5大効果とともに、「信念」「基準の高さ」「継続力」「地域貢献度」などを考慮して、各賞を決定致します。

 

審査員紹介(あいうえお順)

大前伶子(作家)

柿内幸夫(慶応大学大学院経営学研究家特別招聘教授 改善コンサルタント)

片岡朋行(弁護士)

棒田明子(日本そうじ協会 評議員)

磨 和寛(司法書士)

三木享 (日本経営合理化協会)

 

スケジュール

2014年12月2日〜12月25日 
エントリーシート受付      
 2015年  1月17日

掃除大賞予選会(三鷹産業プラザ)

~書類選考を通過したエントリーについて10分間のプレゼンテーション~

2015年 2月24日

13時〜17時

掃除大賞2015  (日本橋公会堂)

1月17日予備選考会が行われました。

書類選考を通過した16人のプレゼンターによる10分間のプレゼンテーションが行われました。個人の取り組みも、企業の取り組みも素晴らしいものばかりでした。この中から審査により、受賞者が決まります。

【掃除大賞2015チラシ】
以下ダウンロードボタンをクリックすると「掃除大賞2015」のチラシをダウンロードすることができます。
掃除大賞2015チラシ.pdf
PDFファイル 957.9 KB
掃除大賞は、個人、事業者、団体等の掃除の活動を一般から広く公募し、優れた取り組みを表彰することにより、実践をし続けるための学びの場を提供します。日本の生活文化の発展と産業の発展を目指すために開催されます。

掃除には5大効果(精神的効果、肉体的効果、経済的効果、時間的効果、対人的効果)があります。また掃除をされているかどうかというのは「トップの信念」「継続力」「基準の高さ」「他者への貢献力」などを表しています。
除は個人の習慣、組織の風土、そして未来を表しているのです。

「掃除大賞2015」は公募を実施し、書類選考、プレゼンテーション、審査委員会による厳正な審査を進めてきました。その中から特に学びの多い9つの実践取組事例の発表と、各賞の表彰を行います。そして当日、中でも最も優れた実践に掃除大賞が送られます。

この掃除大賞が「掃除と良い習慣づくり」に取り組む全国の教育現場や会社組織の発展、日本の生活文化の発展、産業の発展に寄与することを願っています。皆様のご出席をお待ちしております。


【実践発表(仮タイトル)】

家族経営のみかん農家が6次産業化に成功。キロ当たり90円だったみかんがキロ当たり2400円に。東京の最高級ホテル(5つ星ホテル、アマンリゾート等)から商品を受注するようになるまでには無上位のレベルを目指した掃除があった。「農作物は天の恵み。天は人なり、お客様なり。お供えするつもりで大切にみかんを育てる。工場は綺麗、汚いではない。基準は清いか穢れているか。農場と工場は常に清い場に保たねばならない」と、毎日業務終了後に2時間の掃除を実施。工場は床、壁、機械、排水溝まですべて真っ白。
工場移転後に初の赤字決算。会社再生のため、環境整備に取り組み始めたころ、どこの会社でもあるように抵抗勢力が現れた。しかし社長の良い会社を創りたいという信念は微塵も揺るがず、環境整備を進めた。今ではお客様が入れ替わり優良顧客に囲まれ、高い営業利益率に。慢心することもなく愚直に環境整備をし続けた会社の社長の信念、高い基準。社員を幸せにし、業績を上げるための環境整備の仕組みがある。

3S(整理、整頓、清掃)を徹底した。空間の整理整頓をすると、仕事のやり方の整理整頓につながり、事業の整理整頓にまで整理整頓の文化が広がっていった。全社員で取り組むチョコ案(改善活動)のグラフは壁では足りなくなり天井にまで貼り巡らされる。今では工場はショールーム化され、工場が最大のセールスマンになっている。

発明大賞、彩の国産業技術大賞、ニュービジネス大賞最優秀賞、文部科学大臣表彰科学技術賞、・・・。彼らの活動の原点は5S(整理、整頓、清掃、仕組み、幸せ)とKAIZEN活動だった。モノづくりの改善、職場環境の改善、会社の改善に取組み、それは工場だけでなく食堂に至るまで皆で智慧を出し合い最高の場づくりに挑戦する。この全員で行う5S、KAIZEN活動が発明を生み出し、無限の市場へ広がっていく。

社員500人を超すゼネコン。まだ勤続1年の若手社員たちが「環境整備を根付かせよ」という指令を受けた。はじめは「どこから手をつけたら良いかもわからない」「勤務している部署はみんな違う」「何を捨てて良いのか判断できない」と途方にくれた若手社員たち。それでも前向きに上司を巻き込み、情報を共有化し、社内掃除大賞の実施に至った。

経営環境の変化により危機感を持ったANA関連会社の車輛整備工場。安全を最優先しながら、改善を進めていくためにはまずは掃除から風土改革は始まった。一日5回、2人組で行う個数管理。「使った物は仕舞う」を徹底し続けた3年間の軌跡。職場は活気づき、残業代31%減、部品在庫30%減、自分の腕に自信のある頑固職人はエンジニア集団へと成長していった。


掃除道を習い、人の家のお掃除を体験したらその感動が忘れられず、本業のお休みの日に知人の家を一軒掃除をしたところ口コミで初月に7人の家のお片づけ。その後、毎月口コミだけで新規の家を約10軒ずつ紹介されるようになった堀内真弓さん。彼女から「おそうじ教室200のポイント」の中から「洗剤の使い方」のミニレクチャーをしていただきます。


朝練の時間を使って校外の街そうじを始めた。雨の日も傘をさして街そうじ。はじめは照れくさかった彼らも街そうじをしながら近隣住民と挨拶だけでなくたくさん会話ができるようになっていった。近隣住民、学校の先生から感謝の声、応援の声が届き、厳しい練習も乗り越えることができた。気づく能力が高まり、コミュニケーション能力、継続力が身についた朝街そうじ。


子どもがいるママは一日が大変忙しい。料理、洗濯、掃除、子供の送り迎え、・・。働きに出たくてもなかなか出れない。家で仕事をしようにも仕事に集中できない。それを解決するのがおうちオフィス。家で子供の成長を楽しみながら、仕事をする方法を提言します。


視覚障害者の家を掃除しに行ったらそこには綺麗な家があった。常在戦場の彼らにとって掃除道は護身術だった。全盲だからこその「散らからない工夫」「視覚以外の4感を使った掃除法」「視覚障がい者の目となりあたたかいコミュニケーションを取りながらする掃除道」。見えないからこそ「見えなくてもわかる仕組み」が彼らにはある。


日時:2015年2月24日(火)

-プログラム-
12:00~
開場
13:00~  開会式
13:30~ 企業部門発表
15:15~ 個人部門発表
16:20~ 表彰式、今村暁理事長講演
17:30    閉会

   入場料  : 2万円      

    会場  : 日本橋公会堂

           中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号 日本橋区民センター内

  アクセス   : ■東京メトロ
          半蔵門線「水天宮前」駅 6番出口から徒歩2分
          日比谷線「人形町」駅 A2出口から徒歩5分
          東西線「茅場町」駅 4-a出口から徒歩10分
 

          ■都営地下鉄
          浅草線「人形町」駅 A3・A5番出口から徒歩7分
 

下記お申し込みフォームに ①お名前②所属(組織、会社名、なければ「ナシ」)③メールアドレス④電話番号⑤チケット送付先住所をご記入の上、送信していただくか、soujikyoukai@gmail.comにご連絡ください。

※2015年度お申込み受付は終了しました。

 

掃除大賞2015報告

2015年2月24日に日本橋公会堂にて掃除大賞2015が行なわれました。

会場には470人が集まり、素晴らしい実践発表に感動する1日となりました。

表彰されたのは下記の企業、個人です。


文部科学大臣賞 株式会社東伸

経済産業大臣賞 株式会社いそのボデー

厚生労働大臣賞 白坂裕子

優秀賞 村上寛和

奨励賞 ANA成田エアポートサービス株式会社

奨励賞 株式会社ハタダ

奨励賞 自由が丘矯正歯科

奨励賞 秋田工業高校バドミントン部

奨励賞 中村佳子

街そうじ賞 馬場栄一郎

街そうじ賞 株式会社櫻井千田

特別賞 谷井農園

掃除大賞2015 開会式 理事長挨拶(7分)

「掃除大賞とは何か?」「動禅とは、今この瞬間に集中すること」「掃除道は、掃除から始める良い習慣づくり、良い環境づくり」等の説明を致しました。

掃除大賞2015 ダイジェスト

掃除大賞 閉会式 講評

9人のプレゼンテーションと表彰式が終わり、大会講評の様子です。「続けることが大事」「集中できる環境づくり」「空間の整理整頓集中から商品、仕事、事業、ゴールの集中へ」等の講評がありました。