ご家庭も職場も、掃除で豊かな快適環境づくり

協会案内

協会名 日本そうじ協会
設立 2011年11月
理事長 今村 暁
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13番6号サガミビル2階
電話 03-6271-5737
メール soujikyoukai@gmail.com

そうじ協会は「掃除の啓蒙活動をし、生活文化の発展と産業の発展に寄与したい。

より良い社会をつくりたい」という思いから設立されました。

具体的な取り組み

  • 掃除の技術の研究と普及と発展
  • 掃除道の指導者の育成
  • 会員同士のネットワークづくりと相互コミュニケーションの場の提供
  • 掃除の思想がもたらす精神文化の研究と普及と発展
  • 掃除大賞の選定、表彰、啓蒙活動
  • 場を整え、流れを良くし、個人と組織の能力を最大限発揮できる環境をつくること

掃除には「精神的効果」「肉体的効果」「経済的効果」「時間的効果」「対人的効果」という5大効果があります。また、部屋や空間はその個人や組織の習慣(社風)を表します。

 

日本そうじ協会は「掃除の技術を高めることと、良い習慣づくりを目的」とした「掃除道」を創案し、掃除道を世に広め、より良い社会をつくるために貢献しています。

当協会の夢

 日本そうじ協会は、日本一のそうじ教育の啓蒙団体になります。

私たちが目指しているのはハウスクリーニング業者でも家事代行業者の育成でもありません。

 

掃除道という「掃除をする技術」と「良い習慣づくり」を学び、実践することを通してより良い未来をつくる「教育メソッド」を伝えることを目指しています。

 

そうじ協会の「掃除道」「おそうじ教室」などの各種講座を学んだ人が10万人を超え、掃除道を導入している企業が1000社あることを目指します。

 

街中を見まわしても、日本のそうじの基準は世界一のレベルです。その日本の中でリードするような研究、実践をする団体になることにより、世界をリードする「掃除教育の団体」になります。日本の掃除がSOUJIとして世界へ輸出されるようにします。空手道、柔道、華道、茶道が世界へ広まったように「掃除道」も世界へ輸出される教育メソッドになると確信しております。日本の「掃除」がユネスコの無形文化遺産に登録されることが夢です。    

社会的意義

日本そうじ協会で、「掃除に関わる認定講師」を増やすということは、世の中で掃除教育の啓蒙活動をする人が増えるということです。その結果、掃除に対する意識が高い人が増え、生活習慣が改善され、個人も組織もより豊かな未来につながっていくことでしょう。

  • 自分の部屋を掃除すると、自分が輝く。
  • 家を掃除すると、家庭が輝く。
  • 職場を掃除すると、職場が光り輝く。
  • 地域を掃除すると、地域コミュニティが光り輝く。
  • 街を掃除すると、街が光り輝く。
  • 国を掃除すると、国が光り輝く。

この連鎖によって、個人も家庭も職場も街も国も、キレイであたたかくなることでしょう。

 

「メンタルヘルス」「自殺」「介護」「不景気」・・・日本が取り組まねばならない課題は山積みですが、掃除道の「どの環境にあっても良い場づくりをしよう。無駄取りをしよう」という意識のリーダーが増えることにより、「個人の能力開発」「企業の業績アップ」につながり、強くて尊敬される日本につながります。